艦これをクリアしました。

2013.08.25.Sun.15:47
咆哮先生の次回作にご期待下さい。

物欲センサー

2009.11.25.Wed.20:24
久々に物欲センサーに来るものが。

http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/0911/20/news032.html

IPSパネルにも関わらずゲームが可能な応答速度で、5万(実売4.5万程度)切るとは・・・・。

かなり欲しくなってまいりました。

パッチ情報出ましたね

2008.03.11.Tue.08:17
パッチ情報出ましたね。
個人的にはほぼ予想の範囲内かなといった感じですが。
(アステカとか弱くされすぎな印象もありますけどね)

パッチ全体として見て印象的なのは、フランスがノーチェンジな所。
個人的に考えるとほぼ予想通りと言えなくも無いです。
正直手を付けるところがかなりないかなぁと思っていたのと、全体的な立ち位置を見てちょうど中間ぐらいに位置しているような印象でしたので。どうやら、今回はこれが基準らしいですね。そう考えると全体的にマイナス修正が多いのは仕方ないかなと。

数日前にインフレバージョンなんて妄想出しましたが、正直無茶があるなと思っていたので、やはり強国家は弱体化ですね。マイナスボーナスにしないととてもじゃないが、バランス取れそうに無かったので。
オランダは弱くされましたが、どうのこうのでまだぎりぎり優秀な国家LVを維持できそうな気がします。
他には、クロスボウの弱体化が全体的に大きな影響を与えそうです。ポルトガルなんかは即3がほぼ前提になったような気がしますねぇ。
個人的な注目はイギリスです。ロングボウの攻撃力が15に戻されないならばですが。

期間開きすぎなので色々と

2008.03.03.Mon.00:15
とりあえず、最近ろくに更新してなくて申し訳ないですね。
まぁ、そんなこといっても更新頻度は上がりませんが・・・・。

最近ですが、AoE3:TADはちょっと中だるみっぽくてあんまりやれてないですね。仕事が忙しくて期間開いちゃったらちょっとやる気が出なくなってしまったのは問題です。一応、ESLのメンバーに入ってるので、出る出ないはともかく1日1回程度を目安にゲームしていきたいと思います。個人的には和弓は出し飽きたので、足軽か薙刀使いたいですねー。


後、三国志大戦3ですが、現在1品。大尉に上がれそうで上がれません。おそらく1品〜2品に対しては7割は勝ってると思うですが、大尉昇格戦だと大尉はともかく司空やランカーとの遭遇率が高く厳しいです。
・・・1品とか2品が相手にじゃんじゃん出てくれば大尉には楽になれると思うんですけどね・・・。
デッキは、SR諸葛亮、UC張飛、R馬超、R徐庶、C趙類、軍師ビ竺で固定してます。世間的には厨デッキ扱いですが、3稼動直後から使ってるのでいまさら変更もできない感じですしね・・・。VERUPで変な修正受けなきゃいいけど、難しいかもなぁ。

最近の事等

2008.02.12.Tue.00:05
 久々の日記ですが、とりあえず生きてます。
 AoE3ですが、最近も変わらず日本を使用しています。
そして、金閣寺の使い方に凝ってますね。攻撃力UPを選ぶ事が以前はほとんどだったわけですが、足を早くしてみたり、HP上げてみたり。意外な発見があったりします。歩兵の使い方はだいぶ煮詰まってきたので、薙刀の使い方をもう ちょっと考えたいですね。何かいい使い方はないかなぁ。
 話は変わりますが、パッチの話が出てますね。日本はプラスになるのか、マイナスになるのか・・・。


 三国志大戦3もぼちぼちと。3稼動直後から使っているデッキが気づいたら世間認定の厨デッキ扱いされて心が折れそうです。
ちなみにそのデッキは、SR諸葛亮、UC張飛、R馬超、C趙類、R徐庶、軍師は適当。
 でも今更、新デッキを使う気も起きないのでどうしたものかです。年明け直後に2品に行った後は、2品と3品行ったり来たり。仕事帰り無理しないで、休日に本気プレイに専念すれば意外とさくさく上に行けるような気もしますが・・・。正月休み期間はなんかよくわからないぐらい勝てたから、体調や気分はもろに結果に反映されてしまうのかなぁとか思ったりしてます。
 そういえば、3.01で、R張遼が実は実用LVになったっぽいので、少し使ってみたくなってる件。特に命がけの推挙+知略昇陣で知力15なんで恐らく17C持つはずのシユウの如くは鬼じゃないかと思うのですが、どうでしょうか。誰か人柱求む。
→ とか思ったら、最近1品に入れ替え戦にて昇格、そのまま1品の上のほーまで・・・。これはもう大尉目指すしかないですね。


 後、最近やっていたゲームがPS2でありまして、Missing Parts sideAとsideBなんていうものをやっていました。
探偵物AVG、つまりは推理げーなわけですが、中々の良作。全6話構成(Aは1〜3、Bは4〜6)で、一つずつ見ていっても、それなりの作品ではあるのですが、全6話で見た際の、つまりはトータルの完成度はかなりのもの。ゲーム自体の印象は推理ゲーというよりは、探偵物を通した人間ドラマと言う方がしっくり来るかもしれませんね。
 問題はその難易度か。推理自体はしっかり情報を得ていればそれ程難しくはないのですが(そもそも主人公がある程度補完してくれる)、謎を解く為の情報を集めるのが激難易度です。特に行動回数に制限がある場面で情報をしっかり得ていないと、クリアランクがガンガン下がる恐れがあるのが辛い感じ。大体はどこどこにいくべきだと主人公がぼやいてくれるのでわかるっちゃわかるんですが・・・。1話や2話は総当り気味に進めても最高ランクは取れますが、3話以降はそういった必要な情報を得なければならない場面が急激に増えてくる為、難易度は飛躍的に上昇します。うっかりすると、最終イベントなのに謎が山積みとか。4話と6話は特に自力クリアだと大変そうな雰囲気です(ちなみに、私はめんどいので、フリーイベント部分に関しては攻略サイト見ましたが)
 まぁ、それを差し引いても良ゲーですね。この手のゲームは登場人物の印象がイマイチ薄いという偏見みたいなものがあったのですが、この作品に関してはキャラが上手く書かれている為、誰がどんなキャラかよく理解できました。他には、各話の最後の犯人との会話イベントはいい味出してますね。どこのTVドラマだよ!と突っ込みたくなりつつも、こういうお約束はやっぱり重要だと思う今日この頃。とりあえず、買ってよかったと思います。半年ぐらい積みゲー化してたのは気にしないって事で・・。