なんか有名どころ?っぽいWeb小説乱読しまくったのでその簡単な紹介とか

2012.01.21.Sat.16:07
唐突ですがWeb小説乱読したので簡単に紹介してみるフリをします。


<多分男性向け?>
男主人公だったり、バトル要素が強かったり、恋愛要素が薄い作品とかを適当にこっちに。

・魔法科高校の劣等生 ※最近、Webからは削除されました
・まおゆう魔王勇者
・ログ・ホライズン
・ウォルテニア戦記

<多分女性向け?>
女主人公だったり、恋愛要素が比較的強い作品とかを適当にこっちに。
・wonder wonderful
・material sky
・Unnamed Memory ※
・Babel ※
・Rotted-S ※
※Unnamed Memory、Babel、Rotted-Sは同一作者で同一世界観。
・道果ての向こうの光
・月光夜会

<よくわからん>
どっちにすべきかわからない作品はここ。
・攻撃魔術の使えない魔術師(未完のまま凍結)

<以下雑文>
多分googleさんでググレれば、掲載されているサイトはすぐに出てくると思います。
ここに乗っけてるのは一部で実際はもっといろいろ読んでます。
ところで、Web小説だと女性向けの作品がやっぱかなり多いので、どうしても女性向け作品が多くなりますね。
それでも面白いからいいですが。※幾ら面白くてもBL物は流石に読みません。読みたくありません。
ちなみに上の作品の半分ぐらいは書籍化もされています。
魔法科高校の劣等生や、まおゆう魔王勇者、ログ・ホライズン辺りはそこそこ有名だと思うので知ってる人も結構いるんじゃないかなと思います。

さて、Web小説と、書籍化されている小説(例えばラノベ類)とかを比較した話で言えば、流石に書籍化されているものは商業的なものが絡んできますので質としては明らかに上ですね。
Web小説はやっぱり文章が甘かったり、設定が甘かったり、構成がいまいちだったりするので、商業化されているものとはやっぱり明確に差を感じることも多いです。
とは言え、Web小説のいいところは、スマフォとかでさっくり読める所。電車のちょっとした待ち時間とか、暇な車内とか、休憩時間とかで息抜き的に読めるのが嬉しいところ。
ちょっとだけ”自炊”して、書籍を電子化する人の気持ちが分かる気がします。だって読みやすいし。


上記で上げた作品をちろっとだけ紹介すると、魔法科高校の劣等性は設定とかいろいろ凝ってるしバトル物としても楽しめるいい作品だったんですが、Webからは削除されてしまったのが残念か。
文庫本ペースだと1部完結で十冊越えるようなので、先は長いですね。
まおゆうは固有名詞というか、人物の名前とかが直接出てこない珍しい作品でした。でもまぁキャラ立ってるし、読んでて面白い。しかし、なぜスタートが馬鈴薯なのか。これがわからない。
ログ・ホライズンは最近多い、MMORPGの世界にとらわれてほにゃららタイプの作品ですね。
一番有名なのはソードアート・オンライン(そういえばこいつも元はWeb小説だったんですよねっと)でしょうが、LVとかそういうのが大好きな人なら楽しめると思われます。

女性向けでは、wonder wonderfulはWeb小説の中では相当に有名らしくこれも書籍化までされています。
イワユル、異世界召喚もの(異世界トリップともいうそうな)らしいですが、召喚されるのがなぜか27歳のOLというのはちょっと変わった点か。大人向けのちょっとした恋愛物?と考えるのが良さそうではある。
でも、話も良くできているし男でも普通に読めると思いますよっと。
個人的にオススメしたいのはbabelかな。こちらはWebのみの作品で、かなりの長編。こちらは大学1年生だったか?の少女の異世界トリップ物で、いろいろと奮起する話。
設定もかなり細かく考えられているしAct.3以降は個人的にはガチでした。うむうむ。Unnamed Memory、Rotted-S更に各種外伝なんかも合わせて読むととても時間泥棒してくれるので、時間が余ってしょうがないぜヒャッハーって人にはオススメ。ただ、一応女性向けだと思うので、男性の諸君は注意だ。

ってなことで、よくわからない久々のブログ更新でした。まる。

※自分の文章を書くスタイルをよく忘れるので、そういう時はかなりやけくそに書いてます。